読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

世界の中心で、愛をさけぶ(第9回)

テレビ ドラマ 世界の中心で愛をさけぶ 山田孝之 綾瀬はるか 9話

今回の第9回は私としては「夢」(のような幸せな時間)と「現実」パートに分かれていました。

 

「夢」・・・サク(山田孝之)とアキ(綾瀬はるか)が結婚式をするまで

 

「現実」・・・抗がん剤の副作用でボロボロになっていくアキ

 

なので、この2つの

「夢」のパートと

f:id:harutohosi:20140828230002j:plain

 

「現実」のパート

f:id:harutohosi:20140828230151j:plain

 

では、キスの意味合いが全く変わってきます。

 

まるで、結婚式をした日が遠い日であったかのように、アキは抗がん剤の副作用で変わり果てた姿になってしまいました。ほんの少し残っていた希望さえも、全く残っていないように。

 

サクは結婚式のシーンでも泣きますし、髪の毛が全く無くなったアキとのキスシーンでも泣いています。

 

同じ泣くシーンですが、どうしてサクは泣いているのでしょうか?

 

「夢」・・・あの時、恋焦がれたアキが今、戻ってきたようで泣く。

 

「現実」・・・その夢が失われつつあることを知って泣く。

 

ということなのでしょうか。

 

次回はサクは空を見せたいと言います。サクはアキを連れ出すのでしょうか?