読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

タイガー&ドラゴン|第3話 茶の湯

f:id:harutohosi:20150430181347j:plain

上戸彩はイニシャル表記だとA・U.

CM女王だから、携帯のCMもやればいいのに?

こんばんは!はるとです。

 

 

さて、今回も昨日放送のタイガー&ドラゴン3話茶の湯を紹介して

いきましょう。

 

■あらすじ

アマチュア落語家のチャンピオン、淡島ゆきお(荒川良々)は

どん兵衛西田敏行)に弟子入りを志願する。

 

f:id:harutohosi:20150430182626j:plain

 

評論家気取りで先輩に生意気な態度が気になるが、実力は本物。

ある時、どん兵衛が虎児(長瀬智也)に教えるために披露しようとした

「茶の湯」を淡島は先に披露してしまう。

 

一方、服屋の経営が思わしくない竜二(岡田准一)はファッション界の

カリスマ、片岡(大森南朋)に声をかけられが、、、

 

 

f:id:harutohosi:20150430183411j:plain

 

 

■感想

風流(古典落語)=キテる・ヤバイ(今)

という解釈のなか、今世の中で言われている「キテる・ヤバイ」というのが

いかに曖昧か?という回。

 

古典落語の「また茶の湯か」をベースにした落ちのところまで

一気見でした。

 

ただ、最後の最後で片岡(大森南朋)がそんなに嫌なヤツじゃないのが、

ちょっとネックだよなーって思います。

 

最後に悔しそうな顔をする、片岡。で、

 

ざまあみろ

 

と終わってスッキリするのがストーリーとしては良いと思うのですが

片岡って自分としてはけっこう良いヤツなんですよね。

 

・竜二(岡田准一)にも今後のためのチャンスを与えているわけだし

 

・あと、取り巻き連中がいるけれど、何か淋しそうだし

 

おまけに、最終的に虎児(長瀬智也)に薦められた落語にちゃんと

 会場まで見に来ているしw

 

すげー人間的に良いヤツ。

 

あと、今回竜二と組むうえで、ちょっとした意見の食い違いもあるんだけど

食い違いに関して、竜二にきちんと詫びていたりするんだよね。

 

「ファッション界のカリスマ」が急に「無名の服屋」に注目する、

っていう構図は

 

「ファッション界のカリスマ」→悪

「無名の服屋」→騙される

 

という形になるかと思ったら、極端にそういうわけではないんだよね。

 

なので、今回の最後で、片岡が皆に笑われて悔しそうな顔をして

寄席を後にしたんだけど、

 

ちょっと可哀想だな_| ̄|◯

 

っていう。

 

■おまけ

f:id:harutohosi:20150430190530j:plain

 

「競争しましょう」と虎児(長瀬智也)に別れ際に言う、淡島(荒川良々)。

 

二人はまた出会うのでしょうか??

 

ちょっと、今回は前回までと比べて良くなかったですが、次回も

やっぱり楽しみです!

関連記事