読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

主役と悪役を分けすぎると、見ていてツライ|女王の教室4話

f:id:harutohosi:20150724215345j:plain

居酒屋の「土間土間」が「どまネコ」というキャラクターを作る予感!

「どまどまイエー!!」とかね??

こんばんは!はるとです。

 

 

ってことで、今日は女王の教室4話いってみましょう!!

 

f:id:harutohosi:20150724222631j:plain

 

■あらすじ

ボイコットを画策したクラスに阿久津真矢(天海祐希)は罰として、毎週のテストではなく毎日課すことにする。また、クラスを班分けをして、態度の悪い班は連帯責任を負わせることに。班のリーダーとして、和美(志田未来)たちを監視する馬場久子(永井杏)。そんな時に島田マリ(柳田衣里佳)の財布が盗まれる事件が起こり。。。。

 

f:id:harutohosi:20150724225649j:plain

 

 

■感想

今回、びっくりするほど「主役」(和美たち)と「悪役」(監視役の馬場や恵里花[梶原ひかり]など)が分かれて描かれていました。

 

もう、何のためらいもなく「悪役」の生徒たちは「悪役」として描かれています。馬場ちゃんのために、和美がかばったはずなのに、その恩を100%忘れたように馬場ちゃんは振る舞う。

 

その「悪役」の描き方はたとえば「何か理由があって、和美に悪く振る舞う」のではないんですよね。。。

 

もう性格だったり性根だったり、そういうものがネジ曲がっていることとして、描かれているんです。(特に理由が描かれない)

 

なぜ、そんなひどいことをするか?それはひどい人間だから。

 

 

で、そんなのを見ていて、何か、こういう「善」と「悪」がはっきり描かれすぎていると、俺苦手だなー。

 

 

女王の教室って「2話」が非常に良かったんで、毎週楽しみに見ているんだけど、ちょっとこういう描き方だと、見ていてツライんだよねー。

 

 

「いい加減目覚めて」欲しいんです。現実の世界に、こんな「善」と「悪」がはっきり

分かれていることってないんです。

 

 

お互いが、お互いの「立場」で一生懸命生きているだけなんです。

 

 

それなのに、今回の放送の描き方って

「和美」→圧倒的に可哀想

「馬場ちゃん」→ほんとクズ

 

そういう描き方じゃないっすか?

ほんと、こんな人いる?っていうくらい、「悪役」な描かれ方じゃないっすか?

 

 

ドラマの中では、和美の味方は今ほとんどいないけど、視聴者はほとんどが和美の味方で、馬場ちゃんに関しては「ほんとクズ」って思っている。そんな描き方。

 

 

そういう雑な描かれ方を見ると「脇役」の人って可哀想だなー。。。って見ていて俺はツラくなるんです。

 

 

それぞれがそれぞれの人生を一生懸命生きているんです。だけど、この「脇役」の描かれ方は、ただ「主役」をのちに輝かせるためだけ、その一点のみの描かれ方なんです。

 

そんな「脇役」な人生って何なのだろう?そういうことを考えると、見ていてツライです。 

 

関連記事