読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

説得力なくなってきてない?|女王の教室 第6話

f:id:harutohosi:20150807211312j:plain

 

最近ですが、こんなニュースがあったようですね。

www.hochi.co.jp

 

女王の教室から10年。演歌の女王から8年。天海祐希と脚本家の

遊川和彦(他には家政婦のミタ・◯◯妻)がタッグを組むそう!

 

思えば、女王の教室の阿久津真矢って「何でも出来る」という存在だけど

それって「家政婦のミタ」にも通じるものあるよね(あと、謎めいた過去)。

 

って、ことで10年前のドラマ女王の教室の第6話を今回みていきましょう。

 

f:id:harutohosi:20150807211737j:plain

 

■あらすじ

阿久津真矢(天海祐希)より「夏休み」期間中も毎日学校に行くことに

なるクラスメイト。ポイント制により、生徒それぞれの点数(良い行いをすると

ポイント)がつけられ、最下位の2人は毎日罰を受けることに。

この阿久津真矢のやり方をよくないと思う和美(志田未来)と由介(松川尚瑠輝)は

ポイントの印であるシールを阿久津真矢からもらうことを拒否していた。

シールをもらうことを拒否しているもう一人の生徒に進藤ひかる(福田麻由子)が

いて、和美は進藤ひかるの心を閉ざしている性格に疑問を持ち。。。

 

f:id:harutohosi:20150807212700j:plain

 

■感想

「説得力」の問題だと思う。

今までの第5話までの和美と由介、もしくはひかる以外の生徒は、ほんと

ひどい生徒たちだった。

もうひどい性格ということに、理由なんかなくて、性根が曲がっているから

しょうがない。というくらいにひどい性格の生徒たちだった。

 

それが、急に方向転換して、今日のラストでクラスが1つになる。

 

 

何、急に良い人になってんのwww

 

 

えっじゃあ、今まであからさまに和美に対して、ひどいことをしてきたのは

何だったの?同じ人間??

 

この急な方向転換に関しては、ちょっと興ざめしてしまった。。。

 

しかも、この女王の教室って2話が非常に良いなと思って、それって

「和美が勝ち目がないのに阿久津真矢に立ち向かう」

ってとこじゃないっすか?

 

和美は震えながら、一人で阿久津真矢に立ち向かう。

 

いやー、全く迷いなく阿久津真矢に立ち向かっている、和美と由介以外に

テンション下がったわw

 

 

当時、このドラマ賛否両論が多かったと言いますが、俺としては賛否に関して

「阿久津真矢の教育方針」がどうか?とかじゃないんだよね?

 

そういうことじゃなくて、ドラマとしてどうなの?ということに「否」の

方にまわっちゃいますね。。。

 

 

関連記事