BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

「修二と小谷」と「彰と小谷」|野ブタ。をプロデュース 3話

f:id:harutohosi:20151030203846j:plain

 

KMC(空中元彌チョップ)。

こんばんは!はるとです。

 

 

さて、今のところ大分良い感じ。野ブタ。をプロデュース第3話を紹介

したいと思います。

 

f:id:harutohosi:20151030204033j:plain

 

■あらすじ

いじめられっこの信子(堀北真希)は、バンドーの嫌がらせで、年に一度、開催される文化祭の実行委員に指名されてしまう。
一方、信子をプロデュースしようと決めた修二(亀梨和也)と彰(山下智久)は、多数決で決まったお化け屋敷を成功させることが、信子を人気者に変えるチャンスになると考え、協力する。
非協力的なクラスメイトを尻目に、信子は必死にお化け屋敷の作り物をこなしていく。
果たして信子は文化祭を成功させ、人気者になることが出来るのか――!?

野ブタ。をプロデュース|日本テレビ

 

f:id:harutohosi:20151030204422j:plain

 

■感想

やっぱり、今回の話も良かったです。

この「野ブタ。をプロデュース」って修二と彰と小谷の3人の関係が

ベースに話が展開していっている。

 

で、その3人の中でも

 

 

①修二と小谷

②彰と小谷

 

の関係性にも変化が出てきている。

 

 

何だか「修二と小谷」の関係よりも「彰と小谷」の方が仲良くなって

きているんだよね。

 

 

これって、修二が人気者なので、文化祭の色んな準備に引っ張りだされて

彰と小谷とあまり一緒にいれない。それが関係しているわけじゃない。

 

それ抜きで「彰と小谷」は仲良くなっている。それは彰の接し方のせい。

 

たとえば、夕暮れ時に、彰と小谷がすすきを取りに出かける。

 

彰「オレってさぁ、何やっててもそんな楽しいって感じたことないんだっちゃ」

小谷「私も後で思ったりする方が楽しい。・・・・・・楽しい事って、後になってみないと分からないんじゃないかな」 

 

このすすきのシーンだけでなく、彰と小谷は自分たちのことをそれぞれ

話している。

 

 

あれ?そんなシーン。修二と小谷はなくね?

 

 

これってこのドラマの「修二と小谷」と「彰と小谷」って

対立の構造になっているんだと思う。

 

 

修二は自分のことを話さない。自分のことは話さないし、必要以上のことは

相手に聞かない。

 

 

彰は自分のことを話す。自分のことは話すし、相手のことを必要以上に

立ち入って聞いていく。

 

その2人のキャラクターの違いが「修二と小谷」「彰と小谷」との

関係性の違いになってきている。

 

 

3人でゴミ捨てに行っている時に、彰は小谷の父のことを聞く。

 

彰「でも、心の中ではお父さんと呼んでたりして。」

小谷「・・・・」

修二「お前、ちっと立ち入り過ぎだよ。」

 

必要以上のこと聞くなよ?っていうのが修二。

 

 

で、今回の話の最後で、修二は自分の存在の不確かさに対して、不安に

なっていく。

 

「あれ?”人気者”だと思っていた自分だったけど、大したことないと

思っていた彰と小谷だけれど、大したことないのは自分なんじゃね?」

 

そんな感じで不安になっていく。

 

ってことで、もしかしたら修二の人との関わりあいが変化する

きっかけの回になっていくのかも。

今回も良質なドラマだなーって思いましたよ。

関連記事