読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

やっぱり演説シーンって苦手|神はサイコロを振らない 2話

ドラマ 小林聡美 神はサイコロを振らない 2話

 

神はサイコロを振らない DVD-BOX

神はサイコロを振らない DVD-BOX

 

 

「かいてんかいてんかいてんかいてん、ライブドアオート!」

ライブドアオートってどうなる??


ライブドアオートのCM

こんばんは!はるとです。

 

さて、今回は神はサイコロを振らない2話をお送りしたいと思います。

 

f:id:harutohosi:20160126211433j:plain

 

■あらすじ

10年前消息を絶った402便が突然現代に現れるという大事件の翌日、東洋航空は

記者会見を行った。402便の客室乗務員・亜紀(ともさかりえ)をはじめ、

乗客たち―後藤瑠璃子(成海璃子)、神蔵竜蔵(ベンガル)・英子(大川栄子)夫妻、

中武昇子(明星真由美)、甲斐航星(中村友也)、黒木亮(小清水一揮)、は、

宿泊先のホテルの部屋に集まりテレビで会見の模様を見守る。

 

一方、テツ(山本太郎)は、遺族会会長の甲斐(尾美としのり)に呼び出され、

思わぬ話を告げられる。甲斐は東洋航空への不信感を露わにし、唯一信頼できる

人物としてヤス子(小林聡美)の名前を挙げた。哲也は10年前ヤス子が“遺族”の

ために一人奮闘したと知る。 公式サイトより

 

f:id:harutohosi:20160126211712j:plain

 

■感想

ヤスコ(小林聡美)とテツ(山本太郎)が久しぶりに会うシーンは

良かったですね。感情を表に表すテツと押しとどめるヤスコ。

 

 

ヤスコは基本的に感情を押しとどめてるのだけれど、感情が

ほのかに溢れだしてしまうところがある。そういったシーンを見ると

「ああ、やっぱりヤスコはテツのことが好きなのだ」と。

 

 

ただ、今回の最後でスタスタと帰ってしまう姿を見ると

「あれ?好きなの?どっち?」って思ってしまいましたが(笑)。

 

 

 

それで、基本的には、主人公の考え方について納得できる部分が多く

神はサイコロを振らないは、良いドラマだと思っています。

 

ただ、気になるところが一つ。

 

以前、

harutohosi.hatenablog.com

 

でも触れたんだけど、登場人物の長台詞の演説シーンが

多様されるドラマってあるじゃないですか?

 

「ここ!感動するところですよ!!」

 

と言わんばかりの。

 

 

今回、この「神はサイコロを振らない」でもあったんですよね。。。

 

ヤスコが上司(岸部一徳)と対立して、長台詞を言う。

それを周りが黙って聞いている。

 

「なんだそりゃ??」と。

 

これ、別に長い台詞を言うのがダメって言っているわけじゃないよ。

こういった長い台詞のシーンって慎重にやらなければ、シーン自体が

陳腐になってしまうんじゃないかな。

 

 

ということで、ちょっと今後の内容が不安になったけど、今のところ

全体的に高評価な内容。次回も楽しみ楽しみ!

関連記事