読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

10年間の時を越えさせる必要あった?|神はサイコロを振らない 3話

f:id:harutohosi:20160202215445j:plain

 

KAT-TUNのグループ名は、K=亀梨、A=赤西、T=田口淳之介(20)、T=田中聖(20)、U=上田竜也(22)、N=中丸雄一(22)-とメンバーの頭文字を取ったのが由来。

 

 

A=彰(山下智久)ではないんだ。こんばんは!はるとです。

さてさて、今日は神はサイコロを振らない3話を紹介します。

 

f:id:harutohosi:20160202220043j:plain

 

■あらすじ

東洋航空402便が再び姿を現した3日後、ヤス子(小林聡美)は家族会会長の甲斐

尾美としのり)とテツ(山本太郎)が言った“402便の乗員乗客があと8日で

消えてしまう”という話を正直に亜紀(ともさかりえ)に話した方がいいと

考えていた。しかし、テツは決して明かさないようにと口止めする。

 

そんな中、坂倉(升毅)は甲斐の要請を受け入れ、ヤス子を402便乗客の世話係に

命じる。甲斐の強い申し入れに、本部長の大屋(岸部一徳)も承諾せざるを

得なくなったのだ。ヤス子は、消える話を一切口にしないよう告げられ、さっそく

仕事を始めた。公式サイトより

 

f:id:harutohosi:20160202220319j:plain

 

■感想

「10年前大切だった友達は、今もそばにいますか」

 

というのが今回のテーマ。

 

いやー、、、実際どうだろう?

10年前、自分は大学4年生。確か、1月頃は冬休みだったので

その頃、仲良かった友達と卒業旅行に行ってましたよ。

 

男2人でイタリアに行って、そういえば、なぜか村上春樹の小説を

持っていったっけ。たぶん、スカしたことをしたかったんでしょうw

 

で、今その友人とは、何となく近況は知っているけれど、最近

会ってないなー。。。

 

っていうわけで、話を『神はサイコロを振らない』に戻します。

 

この神はサイコロを振らないというのは、学生時代の友人が

学生時代のままタイムスリップして、やってくる。そんな

イメージの話なのだろうか?

 

 

「今の自分」「学生時代の友人」と出会い、「過去の自分」

向き合う。そんな話なのかな?

 

そうすると、一つ引っかかるのが、主人公のヤス子(小林聡美)の性格。

 

 

けっこう、ヤス子ってしっかりしているんだよねー。。。

 

 

そうすると、何が困るか?

 

「過去の友人」と出会うことによって「今のヤスコ」と「過去のヤスコ」が

向き合う。

 

 

でも、ヤスコってしっかりしているから、あまり「今のヤスコ」と

「過去のヤスコ」を比べてもあまり変化ないんだよなー。。。

 

 

 

例えば、タイムスリップものってこういう話の展開ってある。

「今の自分」に対して自分は歯がゆさを感じていて、その

「今の自分」に対して情熱的であった「過去の自分」はどう思うか?

 

 

神はサイコロを振らないに関しては、ほとんどそういう描写は

ないんだよね(あっても初回くらい)。

なぜならば「今のヤス子」と「過去のヤス子」はほとんど変化がないから。

 

 

もちろん、「今のヤス子」と「過去のヤス子」は変化させなければいけない、

というのはない。

だけどじゃあ、わざわざ大掛かりに、10年間の時を越えさせる必要なんて

あったのかなーって思ってしまいます。

 

 

とは、言ってもまだ第3話。次からの展開に期待ですね!

関連記事