読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

説教くさくない良いドラマ|ギャルサー 5話

f:id:harutohosi:20160514224254j:plain

 

 中村獅童、三船美佳の“ノロケ”に上戸彩ソワソワ

1児の母の三船が「旦那(THE 虎舞竜のボーカル、高橋ジョージ)が恥ずかしがってペアルックをしてくれない」と言うと、竹内結子(26)の夫で1児の父の獅童は「やっぱり恥ずかしいですよ」と男として代弁しつつも「でもしたいですね」とテレ笑い。上戸は「うらやましい」とソワソワしていた。

 

なるほどね。。。

こんばんは、はるとです。

 

さて、今日は

2016年4月15日〜2016年6月24日に放送されたギャルサー

第5話を紹介したいと思います。

 

f:id:harutohosi:20160514225009j:plain

 

ギャルサーとは??

北島進之助(藤木直人)はジェロニモIII世(古田新太)に「イモコという少女を捜して

欲しい」と頼まれ、渋谷へ向かう。

 

街中で投げ縄を振り回すといった進之助の奇抜な行動に、柳下ら商店街の人々は

混乱する。そんな中、進之助はサキ(戸田恵梨香)らギャルたちに出会い、騒動と

困難に立ち向かっていく。(ウィキペディアより)

 

土曜日の日テレ9時の放送枠なので、今ですと、福士蒼汰土屋太鳳主演の

「お迎えデス。」の枠ですね!

 

f:id:harutohosi:20160514225058j:plain

 

■第5話のあらすじ

渋谷のギャルサーが集まって、合同イベントをやることに。その

合同イベントをレミ(鈴木えみ)が代表であるエンゼルハートが

取り仕切ることになった。

 

サキ(戸田恵梨香)シズカ、スミレは契約書の署名を取り付けることを

ギャルサー内で頼まれるが、契約書をなくしてしまい・・・。

 

f:id:harutohosi:20160514225536j:plain

 

感想

このドラマが良いなーって思うのは「説教くさくなくて」良いですよね!

ドラマのなかで伝えたいメッセージがあって、それをそのまま主人公に

しゃべらせるwというドラマの悪い見本というのがあるじゃないですか?

 

そういう所が全くないのが、ギャルサーだなーって。

 

 

別に登場人物に直接、メッセージをしゃべらせてはいけないというわけでは

ない。でもでも、それを多用しすぎると視聴者として「バカにしてない?」と

不快な気持ちになるのが不思議で不思議で。

 

 

で、このドラマ「ギャルサー」というは2つの理由で説教くさくない

良いドラマなんですよね?そこを説明していきますね。

 

①日本語がカタコト

主人公のシンノスケは外国に長く住んでいたカウボーイという

設定。なので、日本語がカタコト。

 

このカタコトって何が良いって説教くさいことを主人公が、言っていた

としても、中和してくれるところがあるんですよね。

 

 

②対比が分かりやすい

言葉で語らずとも、対比の関係でメッセージを伝える。

決して、多くを語らずともドラマって、メッセージを伝えることが

出来るんだなーという良い例だなーって思いました。

 

たとえば、5話のラスト、喫茶店のマスター(生瀬勝久)が奥さんに

追い回されるシーン。

 

 

これって一見すると、よくコメディ要素の強いアニメにある

「追いかけられて終わるシーン」

みたいじゃないですかw

 

ただ、よく考えると

・言い訳をせず、自分の非を認めたサキ(戸田恵梨香

・言い訳をして、自分の非を認めないマスター(生瀬勝久

 

という風に対比にもなっていますよね?

 

言い訳をしなかった人は「良い結果」が起きて、言い訳をする人は

「良くない結果」が起きる。

それが示されて終わる。

 

対比を使えば、伝えたいことを言わずとも伝えることが出来るんだなーって

なるほど!と思いました。

 

 

 

関連記事