BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

ギャルサー全否定|ギャルサー 最終回

f:id:harutohosi:20160625213249j:plain

 

ギャルサー 最終回のみどころ

・ガッキー可愛い!

・観ているこっちの置いてけぼり感がスゴい!

・レミがエンゼルハート辞めよう!と言うことがびっくり!

 

f:id:harutohosi:20160625213926j:plain

 

ギャルサーとは??

北島進之助(藤木直人)はジェロニモIII世(古田新太)に「イモコという少女を捜して

欲しい」と頼まれ、渋谷へ向かう。

 

街中で投げ縄を振り回すといった進之助の奇抜な行動に、柳下ら商店街の人々は

混乱する。そんな中、進之助はサキ(戸田恵梨香)らギャルたちに出会い、騒動と

困難に立ち向かっていく。(ウィキペディアより)

 

f:id:harutohosi:20160625214044j:plain

 

■最終回のあらすじ

シンノスケ(藤木直人)が爆発事故に巻き込まれて、瀕死の

境をさまようことになる。

 

シンノスケの危篤を受けて、急きょ日本に来ることになった

ジェロニモ古田新太)はシンノスケを救うために「救いの儀式」を

することになる。しかし、それには5つのアイテムが必要で・・・。

 

f:id:harutohosi:20160625214424j:plain

 

■最終回の感想

今回の最終回を見て思ったのは、ドラマって登場人物が

様々な状況に陥るけれど、その中で「ベストの選択」

取らなければ、いけないなと。

 

その「ベストの選択」を取ろうとしていることを観ている人に

納得させなければいけないなと。

 

そう思いました。

 

 

例えば、よくドラマである登場人物が恋人を追いかけるために

成田空港まで追いかけるシーン。

 

これ、主人公がタクシーを途中で降りて、成田空港まで走るシーンが

必ずと言っていいほどあるじゃないっすか?

 

 

これのシーンって何が良いって「走る」ということが選択できる

なかで「ベストな選択」だから良いですよね。

 

 

まず、間違っても、登場人物がスタートから成田まで走るのは

バカですよねwww

 

あとは、タクシーが渋滞にはまってしまうことから、走るという必然性が

生まれるわけですよね。

 

 

で、話をギャルサーに戻すと、今回ほとんどのシーンで登場人物が

「ベストな選択」を取ってないので、観ている人は登場人物を

応援出来なくなっているんだよね?

 

 

「シンノスケが危篤」→ジェロニモの救いの儀式で救おう!

 

・えっ?病院にそのままいた方が治る見込みあるんじゃない?

ジェロニモの救いの儀式って、ジェロニモが人を治したところ

みんな(ギャルサーたち)観たことないよね?そんなオカルト的なことに

普通、やってみよう!ってみんな思うかな?

・警察官が病院の患者を勝手に連れ去ってもいいの?

 

 

と、これだけでなく特に最終回がもっとも「ベストな選択」じゃない

ところが目についたんだよね?

 

ギャルサーの8話は、非常に良かっただけに残念です

(彼らはベストな選択をしていました)。

 

harutohosi.hatenablog.com

 

 

そして、最後にこの話のまとめ方が納得いかないのが、レミ(鈴木えみ)が

ギャルサーを解体するんですよね。

 

あれほど、サキ(戸田恵梨香)はパラパラを踊って、いつかステージに

立てるようになりたい、と言っていたのにその気持ちを全否定。

 

話の流れとしては「パラパラという狭い世界で閉じこもってないで

早く自立した大人になれ」という方向に。

 

 

ギャルサーの話って、子供に対して大人が上から目線で「早く大人になりなさい」

っていう話だったのか!!

 

ちょっと感じ悪いぜw

 

 

なので、作り手の方向として、ギャルサーを肯定しているわけでなく

早くそういった内輪のサークルはやめなさい。っていう形。

 

 

いや、全然ギャルサーをやりつつ、大人として自立していくっていう

話でも良いと思うんだけど!

 

関連記事