BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

30minutes(第1回)

f:id:harutohosi:20141002223305j:plain

 

深夜になんとなくテレビをつけていたらやっていた30minutes。

なんとなく面白かったので、感想書いてみます。

 

詳しくは、ここのブログの方が俺の10倍は面白い文章だと思うので、こちらを参考にしてください。

はじめまして - トーキョウニッキ

 

この上のブログに分かりやすいあらすじが書いています。そのまま載せてしまうと、、、

 第一話は劇団「鈍行列車」が舞台。もう稽古場から「おもいっきり売れてません!」という感じ。まあ、劇団員がこの5人じゃ…ねえ。そんな中、矢作が「俺、居酒屋の店長になんの」(←いきなり店長になんの?)と劇団をやめると言い出すところから、話が始まる。小木、設楽もそれにのっかっちゃって、リーダーの日村が「考え直せよ」と言ってるところに、昔の劇団仲間の不二子(小沢真珠)がやってくる。不二子は人気映画監督ガンジー原(古田新太)のマネージャーで、これから次回監督作品のオーディションをする、と。いきなりやる気モードに入る劇団員。しかし、オーディションの課題となる役柄を書いた紙が濡れて、途中から読めなくなってしまう。「『裸の王様』の新解釈『ヌード・キング』。主演は真田広之仲代達矢他。」王様は仲代達矢、服の仕立て屋が真田広之、としたら…なんの役を…??ガンジー原の前で、1人ずつ適当な役をやりながら、監督の様子を見ることにするのだが…。

 

深夜に見ていて思ったのは、それぞれの芸人(荒川良々は違うか!)がそれぞれのキャラクターらしく演じているところが、非常に素晴らしいなと。

 

その人それぞれがその人の持ち味を120%出し合う。という感じ?

 

「喜怒哀楽がハッキリしていて、意外と動きが機敏な」バナナマン日村。

 

「全体の空気に流されず自分の我が道を行く、合理的な」おぎやはぎの矢作。

 

「何を考えているか分からないが、突然爆発する静と動が極端な」荒川良々

 

ちょいちょいと笑った。次回も楽しみです。

 

P.S

演出の人のブログ見つけちゃいました。

2004年09月 : 大根仁のページ - ライブドアブログ

関連記事