読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

不機嫌なジーン(第8話)

f:id:harutohosi:20150308230157j:plain

 

「くらえー!!俺の最終奥義!!ハワード・ストリンガー!!

 

必殺技みたい??どうなるソニー??こんばんは、はるとです。

 

さて、前回の7話でアメリカに旅立った南原教授(内野聖陽)。f:id:harutohosi:20150308230510j:plain

 

そして、2003年2月から2年時が過ぎ、2005年2月、現代の始まりです。

 

f:id:harutohosi:20150308230716j:plain

やっぱり、ライブドアニッポン放送株取得の話は出て来なかったな。。。

 

 

 

2年振りに日本に帰ってくる南原教授。南原教授と仁子(竹内結子)の再開

まで30分くらいかけて丁寧に描きます。

 

 

要するに、なかなか再開しません!!

 

最初の30分で仁子の学会の発表や長崎の干潟の調査や南原教授に対しての

気持ちなどを丁寧に描きます(その間、南原教授ほぼ出演0)。

 

で、8話の終盤でやっと登場、南原教授。

f:id:harutohosi:20150308231502j:plain

 

ここの再開のシーンですごい好きなセリフがあります。

 

南原教授「5時間後にまた会おう。5時間後に2年前に別れたあの場所で」

仁子「・・・分かった」

 

仁子「・・・ちゃんと来てね」

南原教授「まるでドラマのワンシーンだ

 

このシーンって、いわゆるメタ的な「物語の人物が物語について言及している」

面白さというよりは、南原教授のキャラクターをより活かした面白さだと

思うんですよね。

 

今までの南原教授の破天荒さやユーモアを知っている自分としては、実際

南原教授って「こういうこと言いそう!!」って思います。

 

なので「まるでドラマのワンシーンだ」というセリフを聞いた時

「いやいや、ドラマでしょ!これ!」というよりは「南原教授って

こういうこと言いそうw」って思いましたもの。

 

いやー、こういったセリフの一つ一つとっても不機嫌なジーンって

面白いよなー(でも視聴率は振るわず((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)

 

というわけで、久しぶりに再開した仁子と南原教授が5時間後に

再び会います。

 

その時の仁子の表情が一番上の画像っていうわけ(かわいすぎる!!)。

 

 

ということで、まとまるところにまとまった第8話。

次回はもう描くことないんじゃない?今回が最終回でも

良いんじゃない?w 

 

次回は恐らく、長崎の干潟についてのストーリーが始まっていくのでしょうか?

残り3回?4回?

残りが少なくなってしまって、とても寂しい感情半分&次回が楽しみ半分。

関連記事