BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

ショムニみたいな全員笑顔シーン苦手だわー|女王の教室 第7話

f:id:harutohosi:20150815220146j:plain

 

上野樹里って、スウィングガールズに出ていたよね?音楽系ってことで

「のだめ」の役って良いと思うんだ。こんばんは!はるとです。

 

 

さて、今回の女王の教室の第7話を見てみましょう。

 

f:id:harutohosi:20150815221049j:plain

 

■あらすじ

和美(志田未来)のケガにより、まとまりをみせる6年3組。

ひかる(福田麻由子)の提案で、阿久津真矢(天海祐希)の言いなりに

ならないこと。そして、夏休みにもう学校に行かないこと。その意見に

賛成する、6年3組一同。

和美とひかると由介(松川尚瑠輝)と久子(永井杏)は夏の思い出を作ろうと

夏休みを満喫する。夏休み後の初日、4人が登校すると、教室に4人の机がなく。。。

 

f:id:harutohosi:20150815223004g:plain

 

■感想

第7話より「あれ?もしかして阿久津真矢って良い先生なの?」

そんなことを思わせるような回でした。

 

「あれ?もしかして良い先生?」→次回より「阿久津真矢の秘密に迫る」

 

そんな展開の予感。

 

そんな阿久津真矢の「謎」に迫る話だったので「次回どうなるんだろう?」

という期待感があります。

 

 

ただね、、、

 

 

ちょっと、このドラマってすごい極端なんですよ。

 

 

harutohosi.hatenablog.com

 

ここにも書いたんですが、主役と悪役が極端だったり、今回は

主役と脇役の描き方も極端なんすよ。。。

 

 

もう、今回の放送なんて、ホント脇役って極端で

 

「主役側の敵」

→「主役側の味方」

 

 

っていう描き方。

 

 

えー!!じゃあ、今までの敵側っていう描写なんだったの?

あっさり立場変えてね??

 

 

と脱力感が伴います!

 

 

ラストは(よくショムニなどで描かれるがちな)主人公達を周りの人たちが

それぞれのカットで微笑むシーン。「おはよう」と1人ずつ言いながら

微笑むシーン。

 

ショムニだと「◯◯さん」と周りの人たちが微笑みながら声かける、

ワンカットずつのシーン。気持ち悪いわwww)

 

 

いやー、あまりのクラスメイトたちの方向転換ぶりにやっぱり脱力っす。

関連記事