読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

主人公を徹底的に追い込むドラマ|ギャルサー8話

ドラマ ギャルサー 藤木直人 戸田恵梨香 鈴木えみ 8話

f:id:harutohosi:20160604203223j:plain

 

ギャルサー8話のみどころ

 

・シンノスケ(藤木直人)って何に似ているかと思ったら

GTOだ!今回も破天荒。

・サキ(戸田恵梨香)の部屋が初めて出てくる。勝手に

家出娘と思っていたが、家あるんだw

・サキの通う学校が初めて出てくる。勝手に家出娘と

思っていたが、学校通ってるんだw

 

f:id:harutohosi:20160604204236j:plain

 

ギャルサーとは??

北島進之助(藤木直人)はジェロニモIII世(古田新太)に「イモコという少女を捜して

欲しい」と頼まれ、渋谷へ向かう。

 

街中で投げ縄を振り回すといった進之助の奇抜な行動に、柳下ら商店街の人々は

混乱する。そんな中、進之助はサキ(戸田恵梨香)らギャルたちに出会い、騒動と

困難に立ち向かっていく。(ウィキペディアより)

 

f:id:harutohosi:20160604204318j:plain

 

■8話のあらすじ

渋谷に居場所がなくなったサキは、学校に通うが

学校でも居場所がない。

リカ(岩佐真悠子)はサキに、皆に謝ってサークルに

戻ってこいと言うが、サキは決心がつかない。

サキが選ばれた選抜メンバーのダンスの練習も

さぼってしまう。

そんな時、サキはシンノスケが持っていた、アリゾナに

伝わる、致死量の薬を食べてしまって・・・。

 

f:id:harutohosi:20160604205239j:plain

 

■8話の感想

前回、メンバーたちにこんなことを陰口されていたサキ。

 

「あんなドジでノロマなやつにリーダーが務まるわけねえっつーの。」

「しきりもロクに出来ねーしw」

「パラパラ4に選ばれたから調子に乗ってんじゃねえの?」

「あのダンスでどこがどういい気になれんだよw」

「マジ笑っちゃいますよwww」

 

この陰口を聞いてしまったサキですが、サークルに戻ることが

出来ません。

 

 

っていうか、俺の場合でも戻るの絶対無理www

 

 

このドラマ、面白いなーって思うのが、主人公を

徹底的に追い込むよねw

 

 

最初にサキの

「自分の能力の無さ」を思い知らさせて

次に「人望のなさ」を明らかにし

最後に「余命」を宣告する。

 

酷すぎるwww

 

 

しかも、ギャルサーの話が面白いのが追い込み方が上手で

不自然なところがないんだよね。

 

 

例えば「人望のなさ」を明らかにする際、今回最初にあるように

サキが思いっきり陰口叩かれているという。

 

こういったシーンって、陰口叩いている人たちを、極端に

悪者にしがち。

 

 

もちろん、主人公(善)、周り(悪)という対比は分かりやすい

ドラマだと思うのだけど、自分は嘘っぽさが鼻について、ドラマに

乗れなくなっちゃうだよね。。。

 

 

その点、ギャルサーは「陰口叩いている」側の描き方も自然で

「そりゃー、陰口も言うわなー」という納得しやすい描き方に

なっているという(サキが能力ないのに、役職に抜擢されていて

うざいという描き方)。

 

 

というわけで、とことん今回の話で追い込まれたサキ。

 

精神的にも肉体的にも追い詰められたサキは

どうなるのか。

 

 

で、追い込まれたサキはこんなことを言う。

シンノスケ「お前も何か選んだのか」

サキ「選んだよ」

 

結果から先に言ってしまうと、サキはダンスの収録会場に

向かって、パラパラを踊ることになる。

たとえ、踊ったとしても、周りから賞賛されることは

決してなかったというのが良い。

それでも、サキとしては後悔してないというのが良かった。

 

 

関連記事