読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

小説版と違って、うまいこと出来てる|野ブタ。をプロデュース 8話

ドラマ 野ブタ。をプロデュース 亀梨和也 山下智久 堀北真希 8話

f:id:harutohosi:20151204223656j:plain

 

想定内(外)って結構流行したけれど小泉劇場流行語大賞ってどうよ??

こんばんは!はるとです。

 

 

さて、ドラマもラストに向かって急展開。野ブタ。をプロデュース8話を

お送りしたいと思います。

 

f:id:harutohosi:20151204223940j:plain

 

■あらすじ

ある夜、OLが酔っ払いに絡まれている現場に遭遇した修二(亀梨和也)は、傷害事件の

容疑者として、交番で事情聴取を受ける。疑いははれたものの、「信じてもらえない」

という事の恐怖をしる修二。そんな直後だけに、後日また別のケンカの現場を見てみぬ

振りをしてしまう修二。しかし翌日、そのケンカの被害者がタニだと判明し、修二は友

人のタニを見殺しにした冷たい人間として、周囲のクラスメイトから避けられてしまう。

 

孤独になった修二は、彰(山下智久)や放送部で昼の顔となり人気が出始めた信子(堀

北真希)を気にして、二人との距離をとろうとする――。 自分はもう誰にも信用されな

い人間――、そう烙印を押されたような気がして落ち込んでいる修二に、今まで信子に

虐めを繰り返し、修二たちの作戦をことごとく邪魔をしてきた真犯人が接近する・・・。

 

f:id:harutohosi:20151204224107j:plain

 

■感想

実は、以前野ブタ。をプロデュースは小説版も紹介しているんですよね。

 

harutohosi.hatenablog.com

 

この小説版でも、ドラマ版の修二のように「転落」していくのですが

その転落の仕方が小説版とドラマ版では全然違いました。

 

小説版は、転落するのですが「うん?そんなことで転落するのか?」と

正直思いましたもの。ただ、ドラマ版では描き方が丁寧なんですよね。

 

説得力を持たせるために、修二が転落するうえで、

 

①クラスから孤立するようなことをヒドいことを修二がして

②そんなヒドいことをする、説得力のある理由をさりげなく示して

③クラスから孤立するようなことを1つだけでなく、2つ3つ用意して

 

という3つを丁寧に描いているんですよね。

(小説版では①のみ)

 

 

そこらへん、脚本家や演出を含めて、ドラマ版の作り手はすごいなーって

感心してしまいました。

 

 

そういった、転落の説得力があるからこそ、違和感なく修二の辛さが

伝わってきて、その辛さがあるからこそ、最後のシーンも真剣に見られて

すごいなーって思います。

 

だって、よく学園モノにあるみんなの前で何かパフォーマンスするって

恥ずかしくなってしまわないっすか??

 

それはもしかしたら、自分だけかもしれないけど、そんな自分が真剣に

聞き入ってしまいましたよ。

 

 

みんなの前で、信子と彰が修二に話していたことを見ていると

「なんて良いドラマなんだ!」

とオロっと来てしまいました。

関連記事