読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

女王の教室 第1話

f:id:harutohosi:20150703215905j:plain

f:id:harutohosi:20150703221043p:plain

iPodが聴ける電話のことをIP電話と言うようになったり。。。

 

って、ややこしい!!こんばんは、はるとです。

 

さて、先月までタイガー&ドラゴンを見てきましたが、今月から見る

ドラマを昨日、決めました!今期は土曜9時の日テレ「女王の教室」を

見たいと思います!天海祐希こえーw

 

f:id:harutohosi:20150703223021j:plain

 

■あらすじ

6年生になった神田和美志田未来)のクラスに新しい担任である

阿久津真矢(天海祐希)がやってくる。阿久津真矢は着任早々にテストを

出し、テストの採点で生徒の序列を作る。下から2番目までの成績の生徒は

雑用係を命じられ、雑用係になった和美と真鍋由介(松川尚瑠輝)は。。。

 

f:id:harutohosi:20150703223657j:plain

 

■感想

自分の家の外の道は通学路になっていて、ふと窓の外を見ると

小学生たちが仲良く通学している。

 

何だか自分が疲れている時には

「小学生は良いよなー。。。悩みとかなさそうだし」

とか思いながら、小学生たちを見てしまう。

 

と言っても小学生たちは小学生たちで大変。

 

 

といったことを思った。それが「女王の教室」である。

 

 

まず、最初のシーン、朝の食卓で起こった和美(志田未来)の

父(尾美としのり)と母(羽田美智子)の会話を見てみましょう。

 

お父さんとお母さんが朝から不穏な空気ですw(きっと、毎朝こうなん

だと思いますね)

 

父 「おはよう」(食卓にやってきて椅子に座る)

和美「おはよう」

姉 「今日、早いじゃん?」

父 「うーん、今日から新学期だし、二人の顔が見たくてさ」

母 「おはよう。コーヒー飲む?」

父 「聞くなよ?毎日、飲んでいるんだから?」

母 (むっとした顔)「ねえ?今日は帰りは?遅いの、また?」

父 「分かんないよ、そんなの。それよりもっと早く起こしてくれ

   って言ったろ?子供とゆっくり朝ごはん食べたいから」

母 「起こしたわよ!そしたら、もっと寝かせろとさんざん怒った

   じゃない?」

父 「おーい。新聞は?」

母 「そのへんにない?」

父 (椅子から立ち上がり、辺りを探す。ちらかっている部屋を見る)お前さ−、もうちょっときれいにしろよ」

母 「後でやるわよ。今はこっちで(食事の準備)忙しいの?」

父 「ふだんからもっとやっとけと言ってんの?」

母 「もう!朝っぱらから文句言わないでよー」

父 (皮肉っぽく)「朝から文句言わせないでくださーい」

 

この2人のやり取りを和美が見ていて、まー和美は気使う気使うw

ふつうの大人よりも、気を使ってるんじゃないのw

 

 

この後、和美はわざと食べ物をこぼして、2人の空気を変えようとするんだよね。

「ごめん!和美おっちょこちょいで!」という雰囲気にしようとして。

まー健気(T_T)

 

 

と、こんな感じで子供だからって気楽というわけじゃなくて、子供は

子供で色々と大変だなーと。

 

 

特に、主人公の和美は空気を読むところがあるから、親の顔色だったり

友人だったりの顔色だったりを伺って、ほんと大変そうだなと思う。

 

 

こんな感じで「女王の教室」はただの小学生の集団ではなくて、それぞれが

それぞれに考え方がある(それが感心するものかは置いておいて)小学生の

集団。

 

 

それぞれがそれぞれにどのように、阿久津真矢と対峙していくのでしょうか?

 

 

第1話は特に、和美と由介とひかる(福田麻由子)にスポットが当たりました。

2話以降、誰にスポットが当たるのか?という点も楽しみ!

関連記事