読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

タイガー&ドラゴン|第7話 猫の皿

f:id:harutohosi:20150528210151j:plain

day after tomorrowも「活動休止」とは随分、「明後日」の方向ですなー。

day after tomorrowだけに!!

 

こんばんは。。。はるとです。

 

 

さて、今回もとうとうタイガー&ドラゴンも第7話の猫の皿。

おそらく、終盤も近づいてきました。。。

(ちなみに、ヒロシは今回ちょい役として出てきています。。。)

 

■あらすじ

落語協会の会長の柳亭小しん(小日向文世)は落語界きっての保守派。

林屋亭小虎(長瀬智也)の落語を認めていない。

 

f:id:harutohosi:20150528204119j:plain

 

一方、竜二(岡田准一)に話のきっかけで落語を教わった小虎は

改めて、竜二の落語の才能を認め直す。もう一度、落語家に

戻ってきて欲しいと思う小虎は、その頃「素人お笑いコンテスト」が

行われるというのを聞きつけて。。。

 

 

■感想

今回の「猫の皿」ですが、非常に良かったです。比較でいうと、この前の

厩火事」(古田新太清水ミチコのコンビの話)に匹敵するくらい

良かったです。

 

前回の厩火事でもそうなんですが、今回の話で良かったなと感じたのは、話が

 

細かいところまで行き届いている

 

ってとこなんですよね。

 

話の展開上おかしいな?と感じやすいところなどを「さり気なく」

説明している。

 

もしくは、後のシーンを効果的にするために「さり気なく」

説明している。

 

非常に良いんです。

 

こういうのって、普通説明口調になりやすいんですけどね。

 

 

小百合ちゃん(銀粉蝶)がさり気なく、猫の皿について説明していたり

(猫の皿はあまり長い話ではないこと)

 

落語協会会長の小しんは人情話を得意としていて、人情話に心底惚れている

という描写があったり(人情話に惚れている人が最後に認めている

ということは、、、)

 

話の細かいところに気がきいているんだな!

 

今回、特に最後のオチのシーンが気がきいていましたね。

オチのシーンを他の誰でもなく、どん兵衛西田敏行)に言わせる

ということが、どん兵衛の息子に対しての愛情が表されています。

 

今回の第7話「猫の皿」は、第5話の「厩火事」と同じくらいオススメです!!

 

 関連記事