読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BGVを集めてみた

BGV。BGMの映像版。YouTubeでインテリアとしての映像を集めてみた

話がきちんと繋がっているのがスゴい!|野ブタ。をプロデュース 9話

ドラマ 野ブタ。をプロデュース 亀梨和也 山下智久 堀北真希 戸田恵梨香 9話

f:id:harutohosi:20151211224341j:plain

 

今年も終わりですねー。。。

「10年前何してた?」ということで、2005年の1年を動画でまとめてみました。

 

こちらも見てみてくださいね!


2005年動画 堀北真希からスティーブ・ジョブズまで

 

こんばんは!はるとです。

さて、次回で最終回!野ブタ。をプロデュースの9話を、今回紹介

したいと思います。

 

f:id:harutohosi:20151211224654j:plain

 

■あらすじ

修二(亀梨和也)たちのプロデュース作戦を邪魔する真犯人が信子(堀北真希)の

唯一の友達、蒼井かすみである事が判明し、修二は信子を傷つけまいと真実を頑なに

伏せる。 しかし蒼井は、修二の優しさや想いを利用し、3人にじりじりと接近して

くる。 そんな矢先、蒼井が、プロデュース作戦に参加させて欲しいと言い出し、

真犯人の秘密を守り通したい修二はその要求を受け入れる。 修二、彰(山下智久)、

信子の3人は、蒼井の強引なプロデュース作戦に振り回され・・・。

 

f:id:harutohosi:20151211224923j:plain

 

■感想

今回の放送も楽しく見させてもらったのだけれど、今回改めて思ったのが

このドラマって「ほんと良く出来ているなー」っていうことなんです。

 

これ文字にすると、当たり前に見えるかもしれないけど「1話1話が

きちんと繋がっている」ところが素晴らしいなと。

 

例えば、今回のクラスメイトのかすみが自殺をしようとするシーン。

 

ここで、かすみが信子に「私のことを許してくれたら、自殺を取りやめる。

許してくれなかったら、自殺する」と決断を迫りました。

 

見てて、俺は「うん?どういうこと?」と思ったのが、このシーンで

信子はかすみに対して「死なないで。でも許さない」ということを

強い意思を持って主張するんですよね。

 

「えっ?そんな緊迫したシーンでも信子は”許さない”んだ。。。下手すると

死んじゃわない??」

 

と最初、自分は思ったんです。だけど、よく考えると信子は、ずっと1話から

こうでした。自分の言ってきたことを、ずっと曲げてこなかったんですよね。

 

例えば、4話のケーキのシーン(まり子【戸田恵梨香】のケーキは❞心❞が

こもっているからちゃんと食べた方が良い)とか昼ご飯のリポーターで

「まずい」とはっきり言っているとか。自分の思ったことは偽りなく

伝える。それが信子。

 

 

 

キャラクターがきちんと繋がっているし、起こった出来事も1話完結ではなくて

丁寧に次回、そのまた次回に繋がっているのがすごいところ!

 

他の例としては、今回の、修二がクラスメイトの前で頭を下げるところも

「言葉が伝わらない怖さ」という前回で語っていたことが

そのまま生かされている良いシーンでした。

 

言葉が伝わらない怖さを前回、知った修二が、それでも信子に対して何か

出来ないかと思い、言葉を伝えようとする。

 

で、野ブタ。をプロデュースの前クールの「女王の教室」が俺としては、とても

苦手だったのが、この「話の連続性」がないことも苦手な要因の一つ

だったんですよね。。。(あれ?前回、こんなことあったのに今回なかったことに

なってない??とかね)

 

一方、野ブタ。をプロデュースは、おそらく、しっかりとしたキャラクター

というのが出来ているんじゃないですかね?

 

それを元に話が展開しているから、見ている人は「よく出来ているなー」と

思うのではないでしょうか。

 

そんな、野ブタ。をプロデュースも次回が最終回。今までの「話の連続性」が

どう生かされて、どう素敵な形で締めくくってくれるのでしょうか??

(ただ、仮に次回が期待外れでも、今までの話が良かったので、自分としては

もう満足です。笑

関連記事